スノーボード外来

経験者だからわかることがあります

スノーボードは冬のスポーツ。
確かにそうかもしれません。しかし10月も中旬を過ぎればゲレンデはオープンし、長ければ5月末まで営業するゲレンデがあります。
スキー場ではなくとも、スノーヴァや、クエスト、ブラッシュなど、いわゆるオフトレ施設も最近増えてきています。
今や通年楽しめるスポーツへと変貌しています。

私も一時期は冬の休みは全てゲレンデへ、スキー場がクローズとなればオフトレ施設へと通ったものです。

また、一言でスノーボードと言っても、フリーラン・キッカー・ジブ・グラトリ・クロス・バックカントリーなど楽しみ方は人それぞれです。

予想できないリスク

スノーボードの特徴と言えば、足首はブーツ、バインディング、ボードで固定されていること。
そして、どんなに上手い人でも転倒するリスクがあるということ。
この条件で滑走していれば、スピードも伴い、ジャンプ着地時ならさらなる衝撃が加わります。
いくら雪上と言えども、日常生活では起こりえない転び方と、外力が身体には掛かっています。
だから思ってる以上に、怪我が長引いてしまったという経験はありませんか?

もし怪我をしたとしても限られたシーズン、多少の痛みは我慢して滑りたくなってしまいますよね。
そして、次の休みはどこのゲレンデに行こうかと計画を立ててしまいますよね。
その気持ちはよくわかります。私もそうでした。

『〇〇のキッカーでまくられた』
『××パークのレールで干された』
『逆エッジで引っ掛けてこけた』

用語そのままでお伝えください。蓮根かとう接骨院ならわかります。

蓮根かとう接骨院は怪我を治すことだけを目標とはしません。
治療と同時進行で、出来るリハビリやトレーニングを積極的に行います。
特にバランス系に重点を置いています。
怪我する前よりも、強いコンディション作りが目標です。

サポートライダー

プロスノーボーダー松田 麻衣子
松田 麻衣子
ホームゲレンデ:
妙高杉ノ原スキー場・妙高池の平温泉スキー場
スポンサー:
VESP・GBP・thirtytwo boots・UNION・WEATHER MTN・SNOVA新横浜・蓮根かとう接骨院
SNS:
InstagramFacebookTwitter
プロスノーボーダー千葉 真人
千葉 真人
ホームゲレンデ:
妙高杉ノ原スキー場
スポンサー:
ROME SDS・VESP・OUT OF・SNOVA新横浜・蓮根かとう接骨院
SNS:
YouTubeInstagramFacebookTwitter